逆流性食道炎になると、ゲップが多くなり、止まらなくなります。「胸焼け」「呑酸」などの症状が消えた後も、「ゲップ」「喉の詰まり」だけは長引いてしまうことがあります。

なぜゲップが止まらないのか?

ゲップは、胃の中に溜まった空気が食道から出てくることで起こる生理現象です。食道と胃とのつなぎ目に下食道括約筋という筋肉があり、食道に空気を逆流しにくくしています。

ところが、胃のなかの空気が増えて内圧が高まると、この筋肉がゆるんで、食道の方に空気が漏れ、ゲップが出ます。

胃は食物には食べ物を逆流させない下食道括約筋が備わっています。しかし食べ過ぎや消化不良などで食べ物の消化・吸収や十二指腸への移動が滞ると、胃の内圧が高まり、胃の筋肉が緩み、食道から空気が漏れます。その時、抜けていく空気が「ゲップ」です。

ゲップは、早食い、ストレス、緊張や胃腸の機能低下などで無意識に多くの空気を飲み込むと多くなります。また、腸内に老廃物や大便が滞留すれば、異臭のある腸内ガスが発生し、臭いゲップが出やすくなります。

逆流性食道炎のゲップは一生止まらない?

逆流性食道炎の「ゲップ」は「しつこい」ですが、正しい食生活、適度な運動、正しい姿勢、など日々の生活習慣が乱れていなければ、「ゲップ」は止まったり、極度に少なくなります。

ただ、逆流性食道炎の方は「ゲップ」が止まっても完全なものではなく、「ゲップ」の再発はしやすい状況下にあり、例えば「脂肪の多い焼肉」「消化の悪いもの」「甘いもの」「炭酸飲料」など、食事の内容と量によって、ゲップがすぐに増えることはあります。

そういう意味では、逆流性食道炎は「ゲップ」が慢性化するといっても過言ではありません。

ゲップの際に苦い水が上がる時は要注意

逆流性食道炎が安定してゲップが止まった時に食生活の乱れで一時的にゲップが増えても、ゲップと同時に苦い水が上がってくることは少ないですが、逆流性食道炎の症状が重く、ゲップが止まらない状態の時は、ゲップと同時に苦い水(胃液)が上がってくるので、食道や喉の炎症が起こりやすくなります。

酷くなると、ゲップとともに軽い嘔吐があります。

逆流性食道炎のゲップが長い?

逆流性食道炎の発症が重度な症状な人程にゲップは長引きます。発症後すぐに食生活の改善、食事の量や回数を減らしたり、運動を始めたり、胃酸抑制剤を飲んだりしたとしても、ゲップは長引きます。

長いと3ヶ月~半年はゲップが続くこともあります。ゲップだけは長期戦になるケースがあるということです。

逆流性食道炎のゲップは何が辛いか?

逆流性食道炎のゲップが頻発すると、「ゲップが出そうで出ない」ということが起きてきます。すると、ゲップが喉のあたりで詰まっているような感覚となり吐き気がしてきます。

ゲップを出すと一時的に楽になりますが、またすぐに「ゲップが出そうで出ない」状態となり不快感が続きます。

ゲップを出したいけど、思うように出ずゲップを我慢している時が一番辛いです。

早食いは逆流性食道炎を誘発します。

常に早食いをしてきた人は逆流性食道炎になるリスクは高まります。

早食いをするということは、食べ物をよく噛んでいないということです。そうすると、食べ物に含まれている空気をそのまま飲み込んでいることになります。

飲みこんだ空気はそのまま食道から胃に向かって咀嚼(そしゃく)した食べ物と一緒に送り込んでいるわけですが、その時に風船が空気で膨れるように、胃が空気によって胃の内圧が上がっていく現象が起きてきます。

溜まった空気は外へ出す動きが出てくるため、必然的に空気を抜くために、空気の一部はゲップになって体外に出ていきます。

ゲップをする時は、普段閉じられている下部食道括約筋が緩みます。早食いによってゲップが頻発してくると下部食道括約筋に締まりが悪くなり開きっぱなしの状態に陥ります。

そういう意味では、早食いを長期間続けてきた人が、ある日突然、逆流性食道炎を発症した場合は、下部食道括約筋の緩みを作ってきた前科があるため、締まりが悪くなっており、なかなか治りにくい状態に陥ることは考えられます。

早食いが逆流性食道炎のきっかけを作ってしまう懸念がありますが、早食いをしている人が「まさか逆流性食道炎になる」なんて1ミリも思わない実情があります。

逆流性食道炎の治療の目安はゲップにあり

逆流性食道炎の治療において重要となるのは、まずはゲップの回数を減らす事、そして最終的にはゲップを止めることです。逆流性食道炎だからといって、ゲップが慢性化することは当たり前ではありません。

確かに生活習慣の乱れでゲップが再発しやすいですが、それでもゲップを止めることは可能です。

ゲップの止め方

  • 腹八分目を徹底させる
  • 甘いものは控える
  • 消化の悪いもの、揚げ物は控える
  • 肥満は解消する
  • 毎日ウォーキングをする
  • 座っている時間を減らす
  • ゆっくりと食べ、しっかりと噛む

食べ過ぎないこと、適度な運動を継続させること、お腹は出ていない事、座ってだらけている時間を減らす事、脂肪、油料理は控える事、などトータル的に注意することを継続させることで、ゲップの回数は減っていきます。

まとめ

ゲップは異常な症状であることを認識して下さい。逆流性食道炎だから仕方ないと諦めず、ゲップを減らし最終的には止めることを目標としてください。

ゲップの回数が減った時は、正しい生活習慣ができている証拠でもあります。ゲップは身体が教えてくれるサインと位置付けて良いでしょう。

ゲップが多いうちは、間違った生活習慣をしているということになります。

ゲップを慢性化させてしまうと、空気とともに胃液が逆流しやすい状況下を作りますので、しいては食道や喉の炎症を起こしやすくなります。たかがゲップかもしれませんが、将来的なリスクも生じてきますので、ゲップを止めることは非常に大事なことです。